Tadashi Ishizuka

石塚 規

Tadashi Ishizuka

石塚 規

石塚 規

料理人
日本料理 銀座いしづか 店主

Facebook Page

Official Website

5年連続ミシュランガイド掲載獲得の実績を持つ男、石塚 規。

日本全国を直接訪問し、厳選した食材を使用した日本料理を提供し続けている。

料理人だった祖父と父の背中をみて育った事から自然と料理好きになり、迷わず料理の世界へ。

紀尾井町【福田家】の修業を皮切りに【分とく山】【万歴龍呼堂】等で研鑽を重ね、日本料理を一心に学び、世界の美食ガイド誌でも評価を受ける。

料理人20年の節目で【銀座 いしづか】を開店。

INTAVIEW

和食一筋の私に、川島悦実との出会いがもたらしたさらなる広い世界。

あの人との出会い。それは時は遡り、私が「分けとく山」に居た頃だ。非常に気になる常連さんだった。ただならぬオーラを発し、「旨い旨い」と本当に美味しそうに箸を口に運ぶ。美容師さんらしい・・・
私が初めて料理長に抜擢された東麻布のかつての名店、「万歴龍呼堂」。ここにも彼は来てくれた。そして相変わらずのあのテンション。
「石塚さんの料理をもっと食べたい。もっと驚かせてほしい」料理人としては俄然嬉しい言葉を来店の度に贈ってくれる。
万歴龍呼堂でたくさんの経験をし、多くのお客様にも御喜びいただけるようになった頃、オーナーが変わり、方針が変わった事をきっかけに、自分自身の目指す料理が出来る、私を必要としてくれるお店を探そうと奮起した。
「福田家」、「分けとく山」の先輩方に相談し、新たな道が決まりかけた頃、一人の先輩にお店を出す事も考えてみては、と促されて「一度の人生、生涯料理人として生きると決めたからには今やるしかない!!」と決断した。やるからには日本の中心。そう思い銀座での戦いに挑みました。初めての経験も多く沢山の仲間に支えられ、2013年9月20日、念願の銀座にお店を開店する運びとなった。沢山の小石が集まり石になる。沢山の人が集い、支え合う。そんなお店作りをしたいと思い、自分の名前をとった「銀座 いしづか」にした。もちろん頑なに料理に向き合う!頑固な石塚規!という気持ちも込めて。

石塚 規

その頃にはあのお客様とは飲み仲間であり同志となっていた。
週に何度も飲みに行き、時にアドバイスやお説教。時に一晩にワイン4本と日本酒を空けてしまうようなやんちゃも。それが川島悦実だ。
川島悦実。突然突拍子もないことを始める、それに振り回される我々、逆に振り回すほどに素材を出す我々。だからこそ面白いし、一緒にやりたい、奴を驚かせてやる。という気持ちで時に仕事を共にしています。
川島悦実という天才に出会わなければ、美容業界の雑誌の撮影なんて経験できることもなかったし、蛸を頭にのせる事もなかった。
私たちは美容師と料理人という畑の違う職人。だけど同じ職人。腕のいい、強い意志を持ちながら歩みだせない、歩み方がわからない。すでに立ち上がっている私たちはそんな職人さんの助けになれたらいいね。そう語りながら飲んだ事もある。
いしづかの魚は毎日のように産地から届く。その沢山の種類のあふれんばかりの魚を少年のような目で眺める。そして相変わらずのあのテンションで私の料理を楽しんでくれる。そんな川島さんが発足したのが「いしづか被害者の会」。私や私と志を共にし、自分の店をオープンさせた仲間の料理を食べたら他所で楽しめない。今まで美味しかったはずの料理がかすんでしまった。そう言っていしづか被害者の会と命名したそうです。
ならば世界中にいしづか被害者を増やしてやる!!そんな気持ちで料理を楽しみ、真剣に取り組んでおります。

INFORMATION

2018 7月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

石塚 規 の仕事

溜息のでるような逸品の数々・・・

TRANSFORM

食をテーマにしたアートワークにモデルとして、当店からは石塚、磯貝が参加しました。

営業後から深夜におよぶ、ボディペイント、ヘアセット、撮影となったため、石塚さんは開始早々から途中経過のほとんどを居眠り。

アートワークメンバーには、「眠っていてくれるとやり易くて楽なんだけど、初めて見たよー、寝ちゃう人。(なかなか眠れないものだからね)」と言わしめていましたが、いざ撮影!となったとたんに、プロの顔。なんといい表情!貝を見つめる顔は厳しい料理人の顔です。本番に強い石塚さんらしい一面といえるのではないでしょうか。

サービスの磯貝さんにいたっては、実はこのために生まれたのか?と思わせるお名前。「磯貝」ですから。その、貝や魚のヒレをヘアにして、ボディペイントを施し、変身前の美しさも残しながら、どこにもいないなんとも美しい女性に。それにしても見事な妖艶さです。

食をテーマにしたアートワークでしたが、ヘアなどに使用したものが食材だっただけでなく、食に携わるお二人をモデルにするところまでこだわった渾身の作品となりました。

お二人には長時間のアートワークにお付き合いいただきましてありがとうございました。

編集:管理人

ご予約・お問い合わせはこちらまでお電話ください。

03-6228-6908

〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-8 ハビウル銀座5階

11:30~14:30 (ラストオーダー 13:30/要予約)

コース17:30~ラストオーダー21:30
アラカルト17:30~ラストオーダー22:00
※ 23:00 閉店

定休日 日曜・祝日

銀座いしづかのホームページへ

他の仲間たちも見てみませんか?