食をテーマに

プロレスラー潮崎豪。プロレスリングNOAHのGHCヘビー級シングルとタッグのベルト、全日本プロレスの三冠チャンピオンとタッグのベルト、日本のプロレス界の3大メジャーの内2つを制した男。

名だたるプロレスラ-を退けてきた屈強な肉体。ジャニーズ事務所顔負けの甘いマスク。手の骨が折れても戦い続けた強い心。
8頭身のバルト系モデルとは似ても似つかないゴツゴツしたスーパーガテン系の男を川島はモデルに選んだ‼
運命に導かれるように‼

時はさかのぼる事20数年前、まだ高校生だった川島少年は専門学校の試験のため新潟の田舎町から初めて東京を訪れた。
原宿の駅を降りてすぐに川島少年はイナズマが全身に落ちたような衝撃をうけた。

♪イノキボンバイエ イノキボンバイエ イノキボンバイエ イノキボンバイエ テーテーテ♪♪
な、な、何と目の前にその当時選挙真っ只中のアントニオ猪木が現れた‼元気があれば何でもできる!!
国会に卍固め!!
猪木の言葉に川島少年は震えた‼
国会に卍固め!?
卍固め!? 卍固め!?
卍固め(オクトパスホールド)
オクトパスホールド(タコ固め)
蛸 を 髪に❗
いつかは 俺も 卍固めしたい!
プロレスラ-に卍固めしたい!
川島少年の目標はタコの常識をも覆し現実のものとなった‼
何とタコを無重力のヘッドピースに変えたのだ‼(プロジェクトX風)

潮崎 豪 選手 貝のヘア
まさかこんな風に仕上がるとは!今回のお話をいただいてすぐに「面白そう!」とふたつ返事でお引き受けしたんですが、仕上がりは想像で きていませんでした。だって、本物の蛸や貝、肴のヒレとかがヘアになるなんて見たことなかったんで。(笑) 以前にも、川島さんには、週刊プロレスの企画『闘髪(とうはつ)』で、変身させてもらったことがあったので、絶対にかっこよくしてくれる、というのは信じていました。まぁ、あの時は普通に地毛だけでしたから似合うかな、と、そういうことだけ考えていて、今回とはだいぶ違う企画です。最後までわくわくしていて、夜中になってきていても川島さん、JIROさん、URのスタッフの皆さんのテンションは高いままで、熱い思いが伝わってきていたので、撮影する時にはよーし、いい表情しよう!って気合い十分で臨みました。  - 潮崎 豪 選手
潮崎 豪 選手 貝のヘア