食をテーマに

5年連続ミシュランガイド掲載獲得の実績を持つ男、石塚 規。

料理では常に挑戦し続けている石塚さんだが、まさかこういう形でモデルデビューするとは、本人も想像していなかったのではないでしょうか。
とはいえ、なかなかノリノリで、ヘアになる材料だと心得つつも、とびきりの食材を調達してくれた。

営業後から深夜におよぶ、ボディペイント、ヘアセット、撮影となったため、石塚さんは開始早々から途中経過のほとんどを居眠り。
アートワークメンバーには、「眠っていてくれるとやり易くて楽なんだけど、初めて見たよー、寝ちゃう人。(なかなか眠れないものだからね)」と言わしめていましたが、いざ撮影!となったとたんに、プロの顔。なんといい表情!貝を見つめる顔は厳しい料理人の顔です。

本番に強い石塚さんらしい一面といえるのではないでしょうか。

貝のヘアでじっと貝を見つめる 料理人 石塚 規
魚のヒレ、スッポンの甲羅、貝、蛸・・・川島さんとJIROさん、谷脇さんの中で、どれだけ最終形がみえているのか・・・?いつも食材を扱っている私達の中にはない発想でアートになっていく。そのお手伝いができるとなったので、食材もいいものを!と張り切って調達しました。食べるためと変わらず、最高のものを、と思っていました。準備しているところもある程度見ていましたが、形になってきたのを見ても、最終形はアーティストの頭の中にだけ・・・という感じでしたよ。元々彼らの仕事は最高だとわかっているので、不安なんかない。だから、ただされるがままに待つことにしよう!と決めたとたん、眠っちゃいましたね。(笑) いざ、撮影、となって気が付けば、すばらしい!の一言で、とたんに気が引き締まって、なかなかよい表情ができたのではないかと思っています。それに、伝説の生き物になった時は、肌も全部ペイントされていたのもあるんだけど、あぁ、本当にこんな感じなのかも・・・と思っちゃいましたよ。だけど、ちゃっかり仕事着を着てるしね。(笑) 今回はとても貴重な経験させていただきました! - 石塚 規
料理人 石塚 規 が伝説の生き物に