20160109head
魅せます走ります えぶりでぃ岡ちゃん(岡村和義オフィシャルブログ)

おはようございます

職人の五感


昨日は変態カリスマの川島と


昨年忙しくて忘年会的な打ち合わせが


出来なかったので、新年会的な打ち合わせ


を、東銀座のふじ田でやりました。


珍しく、10時半には客が引け


川島と今年の行動の確認も終わり


ふじ田のもう1人の板さんの平山さんの


握りを、試食しました。


これは、技の違いがどう出るのか?


ある意味、テストです。


美味しい食べ物って、人を幸せにしてくれるんですよね。


今日の、嫌なこととか喉を通った瞬間に


忘れさせてくれる。そんな食べ物って


なかなか無いんですよ。


ふじ田の寿司って、本当にそんな寿司なんだ。


ネタとシャリが一体となって溶けて行く

食べ終わった後に、ご飯の美味しさが

フワッと残る。


多分、普通の人は味わったこと無いと思う。


ネタの温度、厚み、シャリの温度固さ

握り、すべてのバランスらしい?


ところで、平山さんの握りは?


ふじ田の寿司を食べてなければ


美味いんだ!


バランスよく溶けない(^^;;


中トロの話ね。


いくらのり巻きを、食べた時なんか


感動したよ。


海苔が主張していくらの味が薄い

平山さんの巻物と


いくらが主張して、海苔はあくまでも


脇役な味のふじ田の巻物!


作り比べて食べたから、ハッキリと


別物!ってわかる!、!、



平山さんがレベルが低いんじゃなく


ふじ田が相当な所にいるんだと思う?


あいつ。あの若さでどこまで極めてるんだ?


10何年前に、会った時の川島と似てるかも?


そんなことしてたから、メチャ


食い過ぎたよ(^^;;



お寿司って、いつでも食べるもんじゃなく


なんか、特別な日に食べるもんだから


特別なお寿司を食べたいものです。


流石に、お寿司は色々食べ歩いたことは


無いですが、相当お高い、久兵衛クラスの


お寿司やに、連れて行ってもらったことは


あるのですが、美味しいけど


この金額で、この味?


まぁ、美味しいけど普通?


って、店しかなかったけど、


ふじ田は、嫌いで食べれないって人も


美味しい、これなら食べれるって寿司なんだなぁ。


凄く、勉強させられた夜でした。

自分ももっともっと、勉強して

頑張らないと!


o0480027013535817329

o0480085513535817320

o0480085513535817262

o0480085513535817295

o0480085513535817310

o0480085513535817283

o0480085513535817269






元の記事へ

Author Info

和義 岡村

埼玉県出身のチューナー、全日本プロドリフト選手権にも参戦していたレーサー。 チューニングショップ・ヤシオファクトリー代表。愛称は「岡ちゃん」。

http://ameblo.jp/yf-okachan/